逆援助交際で大事な時間と距離について

逆援助交際をこれから始める人に一つ守っておきたいルールがあるので、それについて深く掘り下げていきたいと思います。逆援助交際で重要なこと、それは距離感、そして時間です。この二つは絶対に守ったほうがうまくいきます。

逆援助交際のサイトでよくある失敗

逆援助交際のサイトを利用していてよくある失敗があります。知り合ったときに失敗してしまうことはどんなことなのか、それを知っておくだけでもスムーズに相手との出会いを大事にすることができます。最初にメールでやりとりをすることができて、会う約束もすることができたら、早く当日になってくれないかと思うことでしょう。気持ち的にも楽しみで仕方がないと思うのですが、逆援では時間は守らなくてはいけません。待ち合わせの時間が12時だったら、12時につけばいいのではなくて、少し前持って早めに着くようにしましょう。少しでも遅れればそれだけあなたの価値が下がると思っておいてください。女性はそういったことにシビアなのです。1分でも遅れればあなたの価値が下がりもらえるものも貰えなくなってしまいます。また相手が気分を害すこともあります。

距離感は馴れ馴れしいと嫌われるので注意

次に大事なことは距離感です。距離感ってとても大事ですが、最近の若い人は距離感のつかみかたがあまり上手ではないと言われています。距離が初対面なのに近いというのです。それも嫌がられることになりますので注意したほうがいいでしょう。援助してくれる女性というのは意外と中年の女性が多いですので、昔ながらの距離感を求めているのです。今の若い人にあるいきなりあってすぐでも距離感がないというような関係はうまくいきません。ある程度は距離感を保ったほうがうまくいきますので、相手とは最初から馴れ馴れしい態度を取るのではなくてあくまでも、援助してもらうのだという気持ちをしっかりと持った方がいいでしょう。

自分の立場をわきまえていれば行動も伴う

遅刻しないことや距離感のこともそうなのですが、自分の立場をわきまえていれば行動もそれに伴ってくるのではないでしょうか。距離感がつかめずにどのように接すればいいのわからないこともあるかもしれませんが、援助してもらう立場であるということさえ忘れなければ自然とそのわきまえた立場にあった行動がとれるハズです。距離感、そして時間を守ること、とても大事なことですので、しっかりと理解しておきましょう。